つばろうが・・・

2005_0620_003s
6/20

2005_0623_005s
6/23

2005_0629_005s
6/29

日々、エサの食べる量も増えた感じで、羽がどんどん伸びている様子もはっきりとわかりました。
翼をバタバタと羽ばたかせて、巣立ちの日も近かいのかなと思っていました。

この数日後、カゴの掃除をしていて、ちょっとした目を離したすきにバタバタとテラス戸から外へ飛出してしまいました。
・・・・・まだ、巣立ちにまでは育っていませんでしたから、心配です。

団地の周りでツバメの声がすると  つばろうかと・・・。

元気に来年、帰ってきてくれることを祈るのみです。

|

エサを食べるわ食べる

2005_0618_001s
エサをくれと大きな口をあけて鳴く姿は、テレビなどで親鳥にせがむ姿そのまま。
ミルワームも10~15匹ぐらいは1回のエサあげで食べているようだ。お腹が膨れてくるとくれといって鳴くことはしなくなる。人間と同じ。
ミルワームの口は鋭いらしく、そのまま与えるとツバメのお腹に食いつくそうで、頭を取って与えるようにとペットショップでのアドバイスどおりにしている。
子供が学校の間は家内がめんどうを見てくれている。最初のミルワームへの抵抗よりも、つばろうのかわいらしさが勝っている。
互いに慣れてきたこともあり、日ごとに元気さが増す感じ。巣立ちまでなんとか続けていきたい。

|

つばろうは元気になった

今朝、心配でのぞいて見ると早い呼吸で頑張っている。
なんとか一命はとりとめてくれたようだ。
ツバメをこれから飼うにしてもエサをどうするのかなど調べなければならないが、ネットで検索すると丁寧な解説を見つけ参考にする。
巣にいたときには兄弟の体温などもあり40度程度に加温してあげるのがよいらしい。昨晩は、ダンボール箱に入れて置いただけだったので、寒かったかもしれない。
早速、したにホッカイロを敷いて加温してあげた。

夕方、帰って次男に様子を聞くと、鳴いて元気になったようで、ホッとした。砂糖水を数滴飲んだとか。
ネットで調べた限りでは、ミルワームという生餌やドックフードをお湯で柔らかくしたものなどがエサになるということで、家内がミルワームを買ってきたが、その姿を見て拒絶。その気持ちはよく理解できる。
なんとかエサも食べるようになったらしく、元気も出はじめたようで、鳴き声をはじめて聞いた。
巣立ちまでなんとかなりそうな予感。

|

つばろうがやってきた

今日、4年生の次男がツバメを連れて帰ってきた。
東町公民館のステージの天井に巣を作っていたそうだが、それが落ちて5羽の雛のうち2羽はなんとか命をとりとめたようで、そのうちの1羽を友達と相談して持ち帰ったという。

2005_0614_001s

連れて帰ってきたときには多少鳴いたようだが、今は元気がなくグッタリとしている。ちょっと飼って育てるのは難しいそうに思える。
明日の朝が心配。

友達とつけた名前が「つばろう」とか
頑張れ!つばろう!

| | コメント (0)